創縁が合わせにくい場合や、創縁が中にめりこんでいまいそうな場合などは、バーティカルマットレス縫合を行う。最初は深部をつかみ、その一端をかえして今度はなるべく浅く、かつ創縁近くにかけるようにする。首など、縫合糸の跡を残したくない場合には、「皮下(真皮)の連続縫合」を使用するとよい。少しだけ戻るような感じで縫っていくのがポイントである。

ログインして全文を読む