縫合では、死腔を形成しないよう、かつバイトが大きくならないように、創縁近くに針を刺し入れ、大きく組織をすくうようにする。傷が深く空洞が大きい場合には、死腔をなくす目的で、皮下だけまず縫合する。。顔などでは、皮膚表面の緊張を取って傷跡をきれいにするために、真皮縫合が用いられる。→ 医師限定コンテンツです。

ログインして全文を読む