炎症を起こした粉瘤の処置は、一度切開して内容物を排出し、炎症が治まってから粉瘤全体を取り出す。摘出手術の切開線を考慮しながら切開を加え、内容物を排出したらアクリノールガーゼを詰め、ガーゼを当ててテープで固定する。排膿してから2〜3カ月たったら、粉瘤カプセルの摘出術を行う。一度炎症を起こしてカプセルが癒着しているため、切除はやや大きめに行う。

ログインして全文を読む