ほとんどの出血は、生理食塩水に浸した清潔なガーゼで圧迫することで止血できるが、出血が吹いている場合などは、モスキート鉗子などで結紮止血する。デブリードマンを行うかどうか判断に迷ったら、組織を大切に温存しておく方針をとった方が安全である。特に顔面は、血行が豊富で一見壊死に陥りそうな組織でも生着する場合が多い。また指先では、組織を除去しすぎると創を閉鎖できなくなるため、極力デブリードマンを控える。

ログインして全文を読む