創の洗浄は、感染防止の上からも極めて重要で、時間をかけて丁寧に行う必要がある。大量の滅菌水や生理食塩水、あるいはごく薄いヒビテン水で、ガーゼなどを用いながら創内の異物を十分に洗い流す。外傷性刺青は、一度生じてしまうと治療が困難なので、異物が完全になくなるまで徹底的に取り出しておくことが重要である。→→→ 医師会員限定コンテンツです。

ログインして全文を読む