創傷の評価と治療方針の決定

 治療に先立ち、まず受傷機転や経過時間を聴取し、外傷の部位、程度を観察する。また、受傷部位から神経の損傷が疑われる場合には、麻酔前に確認しておく。

 創は、熱傷や擦過傷などを除き、原則として一次的に閉鎖する。ただし人や動物による咬創、刺創、汚染が高度なものは開放創のままとする。また汚染が軽度であっても、四肢や体幹部では受傷後8時間以上、頭部顔面では12時間以上経過した創は、いったん開放創として治療した方が安全である。どうしても一次閉鎖が必要な場合は、ドレーンを留置する。開放創とした場合は、3〜4日後に感染の兆候がないことを確かめ、軽くデブリードマンしてから縫合して閉鎖する。創が小さければそのまま保存的に加療、二次閉鎖させてもよい。


ログインして全文を読む

新規に会員登録する

こちらは、医師限定コンテンツです。医師の方は会員登録してください。

バックナンバー

【臨床講座】動画で学ぶ 小外科の基本手技

連載の紹介

四肢や顔の小さな外傷や粉瘤、陥入爪などに対する小外科処置は、プライマリケア医にとっても欠かせないテクニックの一つ。患者に対する実際の処置を撮影したビデオを通じ、小外科の基本手技を解説します。

著者プロフィール

平林慎一(帝京大学形成外科教授)●ひらばやし しんいち氏。1976年東大卒。同年、同大形成外科入局。自治医科大形成外科講師を経て、94年より現職。日本形成外科学会専門医。

関連記事

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:646
  2. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
  3. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:58
  5. 「ホワイト」認定を受けた病院の狙いと成果 記者の眼 FBシェア数:0
  6. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:230
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:152
  8. 厚労省に翻弄され続けた化血研、事業譲渡へ ニュース追跡◎化血研事件の顛末 FBシェア数:7
  9. 笛を吹かれる前に考えるべきことがあるだろう? 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  10. 眠れない患者さんにあげたいもの 病院珍百景 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正