経鼻内視鏡は上部内視鏡検査の新たな検査法として普及し、すでにクリニックから、がんセンターまで、多くの施設が取り組んでいる。しかしながら、施設間で取り組む姿勢に差が生じており、今後は被検者による選別が進むものと予測される。本セミナーは「ファーストクラスの経鼻内視鏡」と題し、検査に伴う苦痛・不快感を最小限にし、高い安全性と診断精度を目指すべく、「導入編」「前処置編」「検査編」の3つのセミナーをお届けするものである。本セミナーは、その第一弾である「導入編」である。

ログインして全文を読む