約5年前から臨床で使用され始めた経鼻内視鏡は、ここ数年、開業医を中心に急速に普及している。大原ファミリークリニックのある千葉県の普及率は40%以上という。これは、患者の通院圏内に複数の経鼻内視鏡実施施設があることを意味する。本セミナーは「患者さんから選ばれる経鼻内視鏡」と題し、経鼻内視鏡検査を希望する患者が何を望み、それを実現するためにどのような取り組みをすべきかについて、詳しく述べている

ログインして全文を読む