潰瘍性大腸炎(UC)の治療法は5−ASA/SASPの投与、ステロイド治療、血球成分除去療法など様々考えられるが、その抗炎症効果、効果発現の速さなどもまた様々であり、各治療法の特徴を知った上での選択が必要となる。

ログインして全文を読む