縫合するほど深くない裂傷に対しては、皮膚接合用テープと呼ばれるテーピング材が使用されている。転倒して前額部に裂傷を受傷した4歳の男児に対して、創部を洗浄した後、皮膚接合用テープで創縁を寄せて固定したところ、翌日には創は密着した。しかし、裂傷をテープで固定するだけでは創の閉鎖は難しい場合も多い。

裂傷をきれいに治す一工夫の画像

ログインして全文を読む