湿潤療法は具体的にどう行うのか。擦過傷や挫創では、まず創面や創周囲の皮膚を水道水で洗浄し、ぬらしたガーゼで血液や泥などを完全にぬぐい取る。創内に異物が混入していたり、痂皮が創を覆っている場合は、キシロカインゼリーなどで局所麻酔を行った上で、創面を歯ブラシなどでブラッシングして異物や痂皮を除去する。

湿潤療法の落とし穴の画像

ログインして全文を読む