Ai(エーアイ、死亡時画像診断)の威力と有用性を体感してもらうため、千葉大Aiセンターの山本正二氏が同センターで死亡時医学検索を行った症例をナレーション付きの3D 動画で解説するシリーズ。今回は、肺リンパ脈管筋腫症(LAM)で治療を受けていた50歳の女性の本当の死因が、Aiで確認できた症例を通じて、解剖の弱点を考える。(編集部)

ログインして全文を読む