先端部の外径が5mm前後と非常に細く、鼻腔からの挿入が可能な経鼻内視鏡。従来の経口の内視鏡検査に比べて咽頭反射がなく、苦痛が少ないことから受診者の人気を博し、ここ数年で急速に普及している。

経鼻内視鏡検査のポイントの画像

ログインして全文を読む