Ai(エーアイ)の威力と有用性を体感してもらうため、千葉大Aiセンターの山本正二氏に同センターで死亡時医学検索を行った症例をナレーション付きの3D 動画で解説してもらう。今回は、交通外傷で蘇生措置のかいなく死亡した30代の男性のAi。チューブが挿入された状態で撮影されており、医療事故などの際のAiの証拠保全能力を示唆する症例として紹介する。

ログインして全文を読む