昼過ぎから突然の腹痛を訴え、地域の夜間急病センターを受診。精査が必要だと判断されたため、当院を紹介受診した。家族に付き添われながらも自力で歩いており、腹部を押さえながら、待合室の椅子にやや前傾姿勢で座っていた。表情はやや苦しそうで、顔色もあまり優れない様子だ。

救急外来でよくある腹痛の訴え、CTを撮ってみたが…の画像

ログインして全文を読む