12月7日に腹痛と下痢が出現。9日から便秘傾向となり、排便時に肛門から血性の流出物を認めたため、11日に近医を受診した。精査加療目的で当院胃腸科を紹介され、14日に大腸内視鏡検査を行う予定となったが、14日の外来待ちの間に下腹部痛が増悪し、顔面蒼白となった。

ログインして全文を読む