8月中旬、39℃の発熱、頭痛、咽頭痛が出現し、T病院で扁桃腺炎・頸部のリンパ節炎と診断された29歳の男性。その5日後には体幹に小紅斑が出現。掻痒感はなかった。初診時から2週間後には、39℃台の発熱と嘔気が出現し、頭痛が増強したため、再度T病院を受診し入院した。伝染性単核球症と診断され、治療を受けて退院したが、微熱は継続。その後、右歯痛も出現。どう診断すべきか。

29歳男性の持続するウイルス感染、何を疑う?の画像

ログインして全文を読む