循環器プレミアムでは、新規抗凝固薬の使用経験と評価を明らかにするための調査を継続的に実施している。9月に行った調査の結果、新規抗凝固薬の使用経験別に「最も評価が高い抗凝固薬」をみたところ、ダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバンの3剤の使用経験者では、評価の高い凝固薬として48.3%がアピキサバンを、19.5%がリバーロキサバンを、17.2%がダビガトランを挙げた。使用経験がダビガトランとリバーロキサバンの医師では、50.0%がリバーロキサバンを挙げ、アピキサバンとワルファリンを挙げた医師はそれぞれ25.0%だった。

使用経験別にみた「最も評価が高い抗凝固薬」の画像

ログインして全文を読む