「抗血小板薬による治療例で対応に難渋する症例」について尋ねたところ、回答した467人中147人(31.5%)が対応難渋例を記載した。キーワードを拾うと、難渋例の代表格は「出血例」であり、具体例としては「消化管出血」や「脳出血」「皮下出血」などを挙げる人が目立った。循環器プレミアムが会員を対象に8月に実施した「抗血小板薬に関する調査」の最終報告で明らかになった。

「抗血小板薬治療で対応に難渋する症例」、32%が経験の画像

ログインして全文を読む