糖尿病治療では、作用機序の異なる経口剤や作用時間の異なるインスリン製剤が登場したことで、患者の生活習慣や糖尿病の病態を考慮したきめ細かい薬物療法が可能になってきました。こうした動向を踏まえ、日経メディカル オンラインでは昨年に引き続き、特に2型糖尿病の薬物治療に焦点を当てた実態調査を企画いたしました。

ログインして全文を読む