検査結果から患者の病態解析を試みるreversed clinicophathologicalconference(RCPC)の技法を用いて、検査データをどう解析し診断に生かすかを解説した書。

 検査関連の書籍といえば、検査項目ごとにその意味や異常値を示す疾患を列挙するという構成が主流である中、RCPCを用いて検査を解説する本書の構成は斬新で面白い。臨床推論を働かせ、クイズを解くように検査値を読み解く術を学べる。


■Amazonで購入
臨床検査専門医が教える 異常値の読み方が身につく本
村上 純子
じほう
売り上げランキング: 989

村上純子 著 3400円+税 じほう
ISBN978-4840750226 A5判 268ページ