19世紀外科学の原理と実際を豊富な挿絵とともにひも解く。2016年に発行された『描かれた病』の続編。筆者は、英国で科学と医学の文化史を教えている。前著では、写真が存在しない時代に描かれた、様々な疾患の精密描写画がまとめられていたが、本著は当時の術式記録として描かれた描写画を紹介する。

 黎明期の外科学がどのようなものだったか、シュールレアリスム的ともいえる描写画が雄弁に語る。医学と美学を融合した書籍。


■Amazonで購入
描かれた手術 (Wellcome collection)
リチャード バーネット
河出書房新社
売り上げランキング: 45,492

リチャード・バーネット著 3800円+税 河出書房新社
ISBN978-4309255798 A4変形判 255ページ