精神障害を有する救急患者への対応法を示した教科書。10年ぶりの改訂版である。精神障害患者が救急外来を受診する状況をはじめ、昏睡や痙攣など精神・神経系の主訴への対処法を記載する。

 救命救急センターに搬送される救急患者の10〜15%は自殺企図患者で、そのほとんどに精神障害があるという。救急医療に従事する医師にとって本書は必読の一冊だろう。


■Amazonで購入
精神障害のある救急患者対応マニュアル 第2版
上條 吉人
医学書院
売り上げランキング: 73,245

上條吉人著 3800円+税 医学書院
ISBN978-4260032056 B6変形判 279ページ