非癌性の呼吸器疾患における終末期の苦痛や痛み、不安などにどのように対応すべきかを、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎、気管支拡張症、高齢者肺炎、肺結核後遺症などの疾患別に説明する。呼吸困難への対処法として、終末期包括的呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)などの手法も紹介している。

 非癌患者への終末期緩和ケアが注目される中、呼吸器疾患に対象を絞った緩和ケアの実際も知っておきたい。


津田徹・平原佐斗司編 3800円+税 南山堂
ISBN978-4525248819 B5判 267ページ