「薬剤性腎障害診療ガイドライン2016」の内容をQ&A形式にまとめ直した解説書。薬剤性腎障害の疾患概念、診断、疫学、治療を示した総論に続き、各論で鎮痛薬や抗菌薬、生活習慣病治療薬などの薬効別に、腎障害の生じやすさや腎障害を有する患者での使い方などを詳説する。

 本書は、ガイドラインの内容を補完するものであり、ガイドラインと併せて読むことで、薬剤性腎障害への理解がより深まるだろう。


■Amazonで購入

山縣 邦弘、臼井 丈一、成田 一衛、寺田 典生、平田 純生(編集)著 4800円+税 診断と治療社
ISBN978-4787822505 B5判 321ページ