腎臓内科を専門としない医師や若手医師を対象とした腎臓内科学の入門書。「腎機能低下時の薬物療法の注意点は?」「尿検査(尿pH、沈渣など)の見方は?」「尿蛋白、血清クレアチニン上昇を示す患者をみたら?」などの基本的な質問に回答する。

 人口の約2割、入院患者の約3割が慢性腎臓病といわれ、全ての診療科の医師に腎臓病診療に関する基本的な知識や技能が求められている。腎臓病診療に自信を付けたい読者にうってつけの一冊。


■Amazonで購入
腎臓病診療に自信がつく本 第2版 (「ジェネラリスト・マスターズ」シリーズ 2)
小松 康宏
カイ書林 (2016-08-05)
売り上げランキング: 55,144

小松康宏 著 4000円+税 カイ書林
ISBN978-4904865279 A5判 427ページ