様々な合併症を生じ、他科へのコンサルトが必要となる糖尿病の診療において、コンサルトするタイミングや注意点、糖尿病合併症・併存症を見逃さないために行うべき検査などを解説する。

 糖尿病患者が合併しやすい疾患は、網膜症、腎症、神経障害、脳血管障害、心血管病変、足病変、感染症、認知症、うつ、癌、歯周病、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、骨粗鬆症など。各科の専門医と円滑に連携するために、本書で最新知見をアップデートしたい。


■Amazonで購入
知らなかったでは済まされない! 糖尿病コンサルトの掟
岩岡 秀明 栗林 伸一
金原出版
売り上げランキング: 237,530

岩岡秀明・栗林伸一 編著 3400円+税 金原出版
ISBN978-4307101776 A5判 209ページ