2000年に愛媛県で「たんぽぽクリニック」を開業し、在宅医療のパイオニアとして知られる著者が、診療報酬や介護報酬、訪問看護療養費にまたがる複雑な在宅報酬の算定ルールを解説した書。在宅時医学総合管理料の見直しや新たに開設が認められた在宅専門診療所の要件など、2016年度診療報酬改定の内容をいち早く反映した。

 訪問診療や訪問看護、高齢者施設の入所・入居者への在宅医療、訪問リハビリに対する報酬など、全112項目について、報酬体系や算定要件、算定する際のポイントを、原則見開き2ページで簡潔に説明。在宅医療に携わる医師、看護師、医療事務職だけでなく、ケアマネジャーや入居者への医療対応が必要な高齢者住宅事業者にも分かりやすくまとめた。




■Amazonで購入


永井康徳 著 3500円+税 日経BP社
ISBN978-4822261894 B5版 268ページ