心不全診療で抱きがちな疑問に専門医が答える。急性期から慢性期、終末期まで、心不全を診療する場面で直面しがちな問題への対処法を指南する。

 心房細動合併例に対する抗凝固療法の在り方、アブレーションの対象となる患者条件などに加え、1日に1〜2本だけでも喫煙したがる患者への対応や塩分摂取量管理などを考える上で有用なエビデンスも紹介。治療方針の決定や患者指導に役立つ内容だ。


■Amazonで購入
エキスパートが現場で明かす 心不全診療の極意

南山堂
売り上げランキング: 35,121

佐藤幸人 編 3600円+税 南山堂
ISBN978-4525243913 B5判 180ページ