受け持ち患者が重症化した際、どう対応したらいいのか。その基本を解説しており、日常診療にすぐに役立ちそうだ。

 コモンな内科系の救急疾患として、敗血症性ショック、肺塞栓症、高血圧緊急症、COPDの急性増悪、重症肺炎などを取り上げ、治療のゴールを何にすべきか、そのゴールに向けてどう対応すべきかを説明する。番外編で紹介された「ICU的カルテ」の書き方も興味深い。


■Amazonで購入

田中竜馬 著 3800円+税 羊土社
ISBN978-4758117845 A5判 349ページ