問診と身体診察の重要性を説く著者が、臨床診断のノウハウを解説する。3章構成で、第2章では代表的な疾患(感冒、膀胱炎、細菌性肺炎、心不全など10疾患)ごとに、第3章はよくある症状(頭痛、めまい、胸痛、腰痛など8症状)ごとに、問診や身体診察を核とした診断のフローを紹介。

 第3章の「問診のポイント」に列挙された「key question」が実用的。その質問をする理由や鑑別の手順を詳説している。1コマ漫画風の挿絵を豊富に掲載する。


■Amazonで購入

長尾哲彦 著 3500円+税 医学と看護社
ISBN978-4906829620 A5判 251ページ