癌患者への緩和ケアに長年携わり、1500人以上を看取ってきた著者の経験を基に、終末期を迎えた患者と、その家族に向き合うための心構えやコミュニケーションの在り方をまとめている。「看取りに関わる医療者の7つの心得」など、薬剤師にとっても、在宅などで終末期ケアに携わる際に役立つだろう。

 第3章では「納得できる説明の工夫」として、患者が疼痛などの症状や不安を訴えた場合などに、著者がどう対応しているかを紹介している。患者・家族の気持ちに寄り添い、どう声を掛けるかを考える上で参考になりそうだ。


■Amazonで購入
看取りの技術 平方流 上手な最期の迎えさせ方
平方眞
日経BP社
売り上げランキング: 9,270


平方眞 著 3000円+税 日経BP社
ISBN978-4822200091 A5判、192ページ