通所介護事業所の生活相談員として身につけるべき知識やスキル、地域包括ケアシステムの構築に向けて新たに加わった責務などをまとめた1冊。

 2015年度介護保険制度改正・介護報酬改定のポイントと、生活相談員に求められる役割がどのように変わったかを解説した。例えば、生活相談員の専従要件が緩和され、サービス担当者会議や地域ケア会議への出席などの事業所外での業務も勤務時間に含められるようになったことや、その狙いを詳述している。さらに、生活相談員の日課や月間スケジュールのモデルを示し、業務の効率を高める工夫も紹介した。

 このほか、生活相談員に必要な法令知識や報酬算定に関わる告示・解釈通知などを収載しており、実務に役立つ内容となっている。


青木正人著 1800円+税 (株)メディカ出版
ISBN978-4840454360 B5判 95ページ