内科系、精神科系など診療科・疾患領域別に、高齢者でよく見られる疾患に対する漢方処方について解説する。著者は東京女子医科大学東医療センター精神科部長。16年前の著書『明日から使える高齢者のための漢方』の内容をベースに最新のエビデンスなどを盛り込んだ。

 高齢者での漢方治療に絞って解説しているのが特徴。「これらの方剤は実証患者向けであるので、高齢者に使うことはほとんどない」「心疾患の既往を持つ患者には慎重に」といった注意書きも多い。


■Amazonで購入
処方の選択肢プラスワン! 高齢者のための漢方薬
山田和男
南山堂
売り上げランキング: 419,938

山田和男著 2000円+税 南山堂
ISBN978-4525470210 A5判 137ページ