2000年に愛媛県で「たんぽぽクリニック」を開業し、在宅医療のパイオニアとして知られる著者が、診療報酬や介護報酬、訪問看護療養費が複雑に絡み合う在宅報酬の算定ルールを解説した。診療報酬改定に対応した2014年の改訂版に続く第3版。2015年度介護報酬改定の内容をいち早く盛り込んだ。在宅医療に関わる医師や看護師、医療事務職だけでなく、ケアマネジャー、入居者への医療対応が必要な高齢者住宅事業者にも分かりやすくまとめた。

 訪問診療や訪問看護、高齢者施設の入所・入居者への在宅医療、訪問リハビリテーションなどに関する報酬を算定する際の勘所93項目を厳選。原則見開き2ページで各項目を簡潔に説明し、図表も多く使ってポイントを平易に解き明かしている。

■Amazonで購入


永井康徳著、3200+税、日経BP社
ISBN978-4822200107、B5版、232ページ