診察を始めた段階では、胃腸炎や上気道炎などのコモンディジーズかと思われた小児疾患が、実は救急対応が必要な重症疾患や難病など「帰してはいけない」疾患だった、という事例を集めた。東京都立小児総合医療センターの専門医が中心に執筆。

 40症例を収録。診療経過とともに、各時点での鑑別疾患を挙げていく構成。重大疾患に気付くことができたきっかけを「転機」として抽出し、解説している。


■Amazonで購入
帰してはいけない小児外来患者

医学書院
売り上げランキング: 3,966

崎山弘、本田雅敬編 3600円+税 医学書院
ISBN978-4260021388 A5判 214ページ