「難しい」「よく分からない」といったイメージを持たれがちなDPCデータの分析手法を、表計算ソフトの「Excel」で分かりやすく丁寧に解説した書。

 DPC制度の概要に触れた上で、第1章では自院のDPCデータ、第2章では厚生労働省のDPC公開データの活用法をまとめた。いずれもExcelを使用し、操作手順に沿って実際に手を動かしながら、DPC分析の基礎を習得できる。

 さらに、「平均在院日数を短縮できない」「病棟ごとに重症度に応じた看護配置を進めたい」「二次医療圏単位で各病院の診療密度を把握したい」といった医療機関が抱えがちな悩みを抽出し、その答えのヒントとなりそうなデータ分析の手法を説明している。付録として、施設所在地付きDPC調査対象病院リストを収載したCD-ROMも添付した。





伏見清秀監修、今井志乃ぶ執筆、日経ヘルスケア編著 9200円+税 日経BP社
ISBN978-4822231910 A4版 296ページ