アベノミクスで打ち出された健康・医療戦略や厚生労働省の最近の政策を紹介しつつ、2015年に製薬企業がどうすれば生き残れるかを説く。著者は、元医系技官で、現在は日本医療政策機構エグゼクティブディレクター。日経メディカル Onlineでコラム「医師こそ戦略思考を」を執筆中。

 主に製薬企業向けだが、臨床研究不正、薬事法の改正、日本医療研究開発機構(AMED)設立など、最近の話題も豊富で、近未来の日本の医療環境を概観できる。


■Amazonで購入
製薬企業クライシス ―生き残りをかけた成長戦略―
宮田 俊男
エルゼビア・ジャパン
売り上げランキング: 7,539

宮田俊男 著 2700円+税 エルゼビア・ジャパン
ISBN978-4860344184 A5判 197ページ