主に聴診の初学者向けに書かれた肺聴診学の教科書。呼吸器の構造と肺音が発生する機序、聴診音から病態を推察する方法などを紹介する。後半では、音の三要素を画像として表示するスペクトログラムを用いて肺音をビジュアル化しながら、肺音の分類と病態との関連性を解説する。

 本書内に印刷されたキーコードで出版社のウェブサイトに登録すると、連続性ラ音や水泡音、胸膜摩擦音などの代表的な肺音を聞くことができる。


■Amazonで購入
読む肺音 視る肺音: 病態がわかる肺聴診学
岡 三喜男
金原出版
売り上げランキング: 11,176

岡三喜男 著 2500円+税 金原出版
ISBN978-4307101639 B5判 73ページ