東大病院臨床研究支援センター長を務める著者が、ディオバン事件を題材にしながら、正しい臨床研究のあり方と、医療関係者に求められる臨床研究リテラシーの必要性を解く。

 臨床研究の結果を不適切に解釈し、ねじ曲げて表現する「spin」が学術論文に多用される様子を、「論文の東スポ化」と揶揄。実在のspinを紹介しながら、患者、研究者、臨床家、製薬企業の人々にとって“幸せ” な臨床研究のあり方を提案する。


■Amazonで購入
医師もMRも幸せにする患者のための情報吟味―ディオバン事件以降の臨床研究リテラシー
山崎 力 田淵 アントニオ(アレンジメントオーサー)
SCICUS
売り上げランキング: 5,627

山崎力 著 3600円+税 SCICUS
ISBN978-4903835754 四六判 309ページ