介護事業の経営者であり、北九州市立大学大学院で教鞭をとる著者が、地域の介護保険サービスの供給状況と特徴を分析した書。

 九州全域の2万1830事業所の調査データを基に、社会福祉法人、医療法人、営利法人など供給主体別のサービス提供実態を把握。その上で、人口規模、高齢化率、所得水準といった「事業環境」と、多角展開、広域展開、チェーン展開などの「事業展開」の二つの視点から、介護保険サービスの安定供給のあり方を考察した。

 供給主体の中でも社会福祉法人については、営利法人の進出が少ない地域などで主要な役割を担っているとして、人口過疎地域などでの介護サービスの基盤整備のためには、社会福祉法人の育成が不可欠だと説いている。


■Amazonで購入
介護サービス供給主体の実態と特徴 -社会福祉法人の役割と未来像
芳賀 祥泰
エルダーサービス
売り上げランキング: 263,276

芳賀祥泰著 2800円+税 エルダーサービス
ISBN978-4903987026 A5判 211ページ