精神疾患と食事(栄養)の関連性という珍しいテーマを扱った書籍。基礎研究・臨床研究・疫学的研究それぞれの側面から、各研究領域の第一人者たちが、精神疾患と食事の関連を示すエビデンスを紹介する。

 扱うテーマは幅広く、「水道水中のリチウムと自殺予防効果」「魚油などに多い不飽和脂肪酸と気分障害」「コーヒー・緑茶と抑うつ」「日本食・洋食・動物性食品と抑うつ」「DHAと攻撃性」など、具体的な食事内容や成分との関連を調べた研究が紹介され、興味深い。


■Amazonで購入
精神と栄養―メンタルヘルスの新たな視点

医薬ジャーナル社
売り上げランキング: 273,863

小澤 寛樹 編 3800円+税 医薬ジャーナル社
ISBN978-4753226375 A5判 204ページ