企業などの新しい経営戦略として注目を集める「健康経営」を解説した書。従業員の健康づくりの先駆的な取り組みをケーススタディーで紹介。医療機関で初めて「健康経営格付」を取得し、優遇金利で融資を受けた福岡市の医療法人博愛会の事例などを掲載した。

 第1章では、「健康な従業員が収益性の高い会社を創る」という「健康経営」の考え方が、産業界で急速に広まっている現状やその背景を具体的に説明。続く第2章では、三菱電機(株)、本田技研工業(株)、日本IBM健康保険組合、ファイザー(株)など、10の大企業や健保組合の事例を紹介している。

 このほか、厚生労働省が推進している「データヘルス計画」の事例集や、中堅・中小企業の健康経営の実態調査も収載した。



■Amazonで購入
先進10事例に学ぶ「健康経営」の始め方
井上俊明
日経BPコンサルティング
売り上げランキング: 30,732


井上俊明編著 800円+税 日経BPコンサルティング
ISBN978-4-864430-54-8 新書版 176ページ