第16回日本肝臓学会大会(2012年)のシンポジウム「Cohort研究からみたウイルス性肝炎の解明」の講演内容を基に、ウイルス肝炎に関する日本発のコホート研究を紹介した書。

 総論と各論の2部構成になっており、各論では長崎、広島、大阪、石川、長野、山形といった地域をフィールドにしたコホート研究の成果を紹介。病態解明に疫学研究が果たしてきた役割を知ることができる。


■Amazonで購入
コホート研究からみたウイルス性肝炎の解明

メディカルレビュー社
売り上げランキング: 1,705,233

佐田通夫・田中榮司・田中英夫・長尾由実子 編著/3200円+税/メディカルレビュー社
ISBN978-4-7792-1157-7/B5判/176ページ