日本人が開発に関わった薬について、研究者に取材してまとめた書。紹介されている薬は、スタチン、プログラフ(一般名タクロリムス)、レトロビル(アジドチミジン)、アリセプト(ドネペジル塩酸塩)、アクテムラ(トシリズマブ)など15種類。

 薬の候補となる物質の探索から、実際に世に出て患者に恩恵をもたらすまでは長い道のりだ。新薬開発の舞台裏が垣間見えて興味深い。


■Amazonで購入
新薬に挑んだ日本人科学者たち (ブルーバックス)
塚崎 朝子
講談社
売り上げランキング: 10,305

塚崎朝子 著/900円+税/講談社
ISBN978-4-06-257831-8/新書判/253ページ