2010年、オバマ大統領が「医療改革法」に署名し、米国史上初めて国民皆保険制度を目指す法律が成立した。本書は米国における医療改革の取り組みを丁寧にたどり、今後の課題にも言及した。

 法成立後も共和党は批判を続けており、保険購入ウェブサイトの技術的な問題もあって、改革は順調とはいえない。さらに著者は、民間医療保険を中心とする米国型の制度が、コスト抑制の点で大きな問題をはらむと指摘している。


■Amazonで購入
オバマの医療改革: 国民皆保険制度への苦闘
天野 拓
勁草書房
売り上げランキング: 152,255

天野拓 著/3800円+税/勁草書房
ISBN978-4-326-70079-0/A5判/368ページ