医療機関のコンサルティングを手がけ、これまで100件以上の診療所開業を支援してきた著者らが、「数字」を軸に、診療所経営に求められる視点やノウハウを提供した書。

 第1章「数値で読み解く診療所経営」では、診療所経営に必要な指標やデータを提示。1日当たりの外来患者数や1カ月の平均売上高といった経営指標をはじめ、診療圏や開業に必要な背景人口などの関連データ、借入金の限度額や人件費率の目安に至るまで、九つのカテゴリーに分けて詳細に解説した。

 これらを踏まえて、第2章では、診療所経営のポイントを事例を交えて紹介。増患対策や他医療機関などとの地域連携、人事労務管理のあり方、コストの適正化など、五つの観点から要点をまとめている。


■Amazonで購入
診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉
小松 大介
日本医事新報社
売り上げランキング: 6,089

大石佳能子監修、小松大介著 4500円+税 日本医事新報社
ISBN978-4784943777 B5変型判 194ページ