欧米諸国におけるこれまでの医療制度改革を解説した上で、日本各地の取り組みを紹介しつつ、医療制度改革への提言をまとめた書。

 あと10年少しで、日本は世界に類を見ない超高齢・人口減少社会に直面する。持続可能な医療提供体制を確立するには、明確なグランドデザインを示した上で、改善を積み重ねていくしかないと指摘。そのためにも、目指すべきシステムとの距離を測ることのできる「ものさし」が必要と説く。


■Amazonで購入
医療のなにが問題なのか: 超高齢社会日本の医療モデル
松田 晋哉
勁草書房
売り上げランキング: 106,008

松田晋哉 著/3500円+税/勁草書房
ISBN978-4-326-70080-6/A5判/368ページ