居宅介護支援事業所の管理者を務める著者が、言葉遣いをキーワードにコミュニケーションの技術を介護従事者向けに解説した書。接する相手と良好な関係を築き、仕事を円滑に進める上で役立つ。

 本書は全7章で構成。コミュニケーションの基本的な「心得」をはじめ、利用者、家族、他事業者など、相手に応じたふさわしい言葉の使い方を指南する。さらに、サービスの契約時、面談する時、謝罪する時など、シチュエーションに応じた適切な話し言葉についても詳しく述べた。

 利用者とのコミュニケーションの機会が多い介護職員などが参考にできるよう、55の会話例を掲載。言葉遣いなどから問題点や課題を抽出してまとめ、実践的に学べるように工夫している。


■Amazonで購入
口のきき方で介護を変える!―支援に活かす会話55
粟倉 敏貴
厚有出版
売り上げランキング: 49,321

粟倉敏貴著 1500円 厚有出版
ISBN978-4906618736 A5版 200ページ