心臓外科医で、医療法人北関東循環器病院院長を務める著者が、ラジオ番組で医師、医療経済学者、医療ジャーナリストなど16人と医療制度改革をテーマに対談した内容をまとめた書。

 本書は全4章で構成。第1章では、医師不足や混合診療問題といったトピックスを取り上げた。勤務医の負担増をどう解決するかや、著者が長年心臓血管外科医としてキャリアを積んだドイツの医療界から日本が学ぶべき点についても語っている。

 第2章では医師と患者の関係づくり、第3章では医師養成のあり方、第4章では健康保険制度や看護師の特定行為などについて議論した。第5章では大学教授ら3人との座談会を収載。将来の医療制度のあり方について話し合い、取るべき方向性を提案している。


■Amazonで購入
日本の医療危機の真実―いまこそ求められる医療制度改革
南 和友
時事通信出版局
売り上げランキング: 72,450

南和友/編著 1890円 時事通信社
ISBN978-4788712768 四六判 306ページ